これからDJ始めようかなと考えている初心者の方など、どのターンテーブルを購入するべきか迷っている人向けにおすすめのタンテについてちょっと書いてみました。結論から言ってしまうと個人的なオススメは、Technics(SL1200シリーズ)です。

 

一番歴史があって、ほとんどのDJが使っている

やっぱりターンテーブルといえば、テクニクスで、ターンテーブルの王道です。王道ってなんかいやだなぁとか、そう思わせない魅力がテクニクスのタンテにはあります。80年代からこの流れは変わらなくて、他の多くのメーカーがテクニクスをベンチマークにして、テクニクスを超える製品をつくろうとしてきました。

雑誌の有名DJノインタビュー記事とか見ても、国内外のDJのほとんどがテクニクスのターンテーブルを使っています。最新モデルのMK-6だけで累計販売台数は全世界で約350万台です。音楽好きで、かつDJやってるてなると日本でもかなり限られた人になりますから、肌感ですがその中でこの数字はけっこう凄いなと。多くの人に長い間支持されるっていうのは、それなりの理由があるんだなと考えた方がいいでしょう。

 

クラブに設置しているターンテーブルはテクニクスのものが圧倒的に多い。

東京都内に関してはほぼ全部テクニクスだと思います。(ってか全国的にそうなんじゃないかな。。)それくらい信頼が厚いのテクニクスです。買うからには、本格的であれ趣味であれ、いつかはクラブでDJしたいってなると思うんですが、そうなった時、やっぱ初デビューの時とかめちゃくちゃ緊張しますし、家で使い慣れているものを使えた方が安心できるじゃないですか。

 

なによりデザインが格好いい。

ゴツくてカクカクしているのに洗練された感じもあるっていうこの体つきが、まじ最高です。インテリアとして置くだけでも格好いいっていうのはよく言われる事ですが、本当にそう思います。

 

でも、もう中古しか手に入らない

これが唯一の難点なんですねぇ。すでに新製品は製造してなく、中古品しかGetできません。SL-1200 MK6のモデルを最後に生産終了してしまいました。

つい最近、テクニクスが復活っていうニュースもあり期待したんですが、いまの所、超高級品のオーディオシステムのみなんですね。でも、アメリカやヨーロッパでアナログレコードの売り上げが復活っていうニュースもあり、もう少し先はどうなるかわからないんですが、現段階(2014年10月時点)では、テクニクスブランドのターンテーブルの新品の生産は終了してしまっているんですよね。

一方で最近、パイオニアも30年振りに新製品のターンテーブルを発表してまして、ご覧の通り、ほぼテクニクスなんですねwいまだにほとんどのDJがテクニクスを使ったターンテーブルでプレイしている事を受けて、お客さんのニーズや満足度を大事にするっていうことで、こういう形になったんだろうなと思っています。

 

テクニクスかパイオニアか

ざっくりですがまとめると、テクニクスのターンテーブルよりも高いお金を払って、パクリみたいなのを使うのは嫌だし、歴史もありある程度市民権を得ていてほとんどのDJが使っているものを使いたいっていう人などは、テクニクスのタンテを使えばいいんじゃないしょうか。

 

逆に値段は高くなるけど新品の方が耐久性の面で安心だし、テクニクスとほぼ同じ機能だからクラブでDJする時も安心できるよなっていう人は、パイオニアを使えばいいと思います。

 

とはいえVestaxにも面白いターンテーブルはある

貴様、テクニクスかパイオニアかって言っておいていきなりVestax出すとは何事だい?と思った方すみません。誤解のないよう言っておきますとターンテーブルをより楽器の一部として使ってみたいと思っている方向けのものです。Vestaxはこういうのが得意です。

カニエウエストのバックDJや楽曲にスクラッチも提供しているこちらの動画のA-Trakさんも使っておりますVestax Controller Oneというターンテーブルです。これ曲のBPMを変更するだけでなく曲に音階をわりあてボタン一つで簡単に変更できちゃうんです。おもしろい。


こっちの動画の方がより分かりやすいかも。

 

後、今はアプリでも面白いのがいろいろあるので、こういうのも選択肢の一つとして考えてもいいかもですね。

djアプリ(iphone/ipad用)の動画を探してまとめてみた。

 

CDJやミキサーに関してはパイオニアがおすすめ。

ただやっぱりCDJなんかはやっぱりパイオニアが一番オススメで、ほとんどのクラブがパイオニア製のものを採用してます。ちなみにスマホやタブレットと接続して使う事もできるみたい。

 

 

あと、ターンテーブルだけじゃなく、ミキサーのオススメもパイオニアです。ちょっと前はハウスとかテクノをプレイするDJはパイオニアで、Hip HopのDJはVestaxっていう傾向が強かったんですが、かかる音楽がクロスオーバーな傾向になっている事からか、最近はHip Hopのクラブもほとんどパイオニアのミキサーつかってます。

 

 

 

個人的には、初めて買ったこのVestaxのモデルには思い入れがあって、デザインもシンプルだし今でも好きだったりするんですけどね。

 

ターンテーブルとは別ですが、音楽の情報が得られるサイトやサービスをまとめたりなんかもしていますので、気になる方はチェックしてみてくださいー。

おすすめの音楽情報メディアや便利な音楽サービスまとめ。

 

 

follow us in feedly