俺の屍を超えてゆけ2っていうゲームが面白そうです。何が面白そうってこのゲームのコンセプトがすごいなと。なんと自分が最初に操る事になる主人公は、ゲームの初期の方で死んでしまうのです。で、その後、限られた時間の中で自分の一族を育て上げ、能力を後生に引き継ぎ、 物語を進行させていくっていうのがゲームの基本設定になっているわけです。

 

復活を遂げた主人公一族の最終目標は、宿敵“阿部晴明”を倒し、『二つの呪い』を解くこと。常人の何倍もの速さで成長し、わずか2年ほどしか生きることがかなわない『短命(たんめい)の呪い』。もうひとつは、人との間に子を成すことができない『種絶(しゅぜつ)の呪い』。わずか2年ほどしか生きられない一族の血を絶やさないように、神々と交神し、“阿部晴明”を討つ日まで、子に孫に、希望を託し続けていく。

 

最近のトレンドは、もはやスマホのゲーム一色ですが、やっぱこういう切り口がユニークで作り込まれたゲームって、コンシューマーゲームじゃないと楽しめないっすよねぇ。PS4、買っちゃおうかなぁ〜。

 

 

follow us in feedly