NinjyatuneからリリースのSubmotion Orchestraの第3作目となるアルバム「Alium」。いかにもTHE UKって感じのグループでもともと教会で生演奏のダブステップのライブをやってほしいという依頼を受けて結成したグループなわけですが、今回視聴で公開されている曲を聴く感じダンス要素は少なめでしっかり聴かせてくる曲が多い。

ジャンル的にエレクトロニカとか好きな人にも刺さりそう。あとシネマティックオーケストラ好きな人なんかもきっと好きだと思う。叙情的で今回も引き続きちょーカッコいいです。

 

Tracklisting

01. Awakening
02. Time Will Wait
03. City Lights
04. Victim of Order
05. Chrome Units
06. Rust
07. Life After
08. The Hounds
09. Trust / Lust
10. Swan Song
11. Bring Back The Wolf
12. Worries
13. Forever *Bonus Track for Japan

 

02. Time Will Wait

重層感のある曲。3分過ぎあたりからのホーンが気持ちいい。Liveバージョン。

 

 

03. City Lights

さりげないシンプルなビートがクール。曲の世界観もかっちょいい。このアルバムで一番好きです。

 

リミックス。より歌声を際立たせた構成。まさに教会っぽい。

 

 

09. Trust / Lust

Swan Songとセットで、前作のシングル曲。音色的にわりとPOP。

 

こちらのRemixもいい感じ。

 

アルバムのショートミックス。

 

Submotion Orchestra Alium

Submotion Orchestra /Ninjya Tune

 

 

follow us in feedly