NHK_むちむち

放送前からネットで何かと話題になってるこの番組じっさいに見てみました。渋谷とか原宿にいる女子高校生にできれば知っておいてほしい一般常識を投げかけて特に知らない割合が高かった言葉の意味を知る旅に女子高校生を連れ出すっていう内容。ちなみに1回目の今回は「普天間」と「お遍路」でした。ナレーションは高田純次。

 

みた人の反応

   

 

高田純二の反応。

Q. 初め「むちむち!」という番組と聞いてどのようなことを思い浮かべましたか? A. あ~、ずいぶんまたボンキュボンの子が出てくるんだろうな、これはオレがナレーションしなくちゃいけないなって思いましたよ(笑)。

 

Q. 高田さんが旅についていったらどんな感じになるんですかね? A. 彼女たちにご飯を食わせに食わせてぶんぶんぶんぶん太らすっていう感じがいいですよね(笑)。ちょっとね、太らし系が好きですから(笑)

 

Q. 視聴者の方への見どころを。 A. ぼくの感じとしての見どころは、まあ、視聴者の皆さんには最初から最後までっていうね。うん。どこも、立っちゃいけないよっていう。トイレにいっちゃいけないよっていう。

 

Q. 高田さん的にどのあたりがツボ、印象的でしたか? A. 「おお、こんな子がこんなところで泣くんだ」っていうところがありましたね。人間って意外と不思議なもんですよねえ。僕自身もね、聖人君子とまで言われたマジメな男としては(笑)、人っていろんな見方がありますよねえ。

 

 

この夏、渋谷の女子高校生を未知の現場に強引に連れ出した!女子高校生の目線で、日本を旅する新しいドキュメンタリー

 

「女子高生」「むちむち」「連れ出す」っていう明らかにエロで釣った、真面目なこれといって目新しさはない番組でしたが女子高生の反応はみてて面白かった。なんでこんなプロモーションっていうか、側にしたんだろう。かえって逆効果だったんじゃないでしょうか。

 

 

「JA」=じゃがいもっしょ!「PKO」=サッカーでPKで終わるってこと?「お遍路」=Hello!みたな?ハワイ的な?っていう感じの女子高生が普天間に行って戦争の名残りがまだ残る現状を実感したり、お遍路してそのお遍路で接待する側にもまわって色々感じる姿を映像にしましたよっていう。確かに無知で無垢な女子高生たちで行って速攻「あっちぃから無理!かえりてぇー」みたいな素直な反応は面白かった。あと純粋だからたった1日2日で色々な事感じて短い間にいろんな事吸収して成長して帰っていくっていうのはさすがだなと思いました。若いってすばらしい。

 

ちなみに高田純二の個性は完全消えてましたw真面目な高田純二です。いつもどおり適当なコメント入れてく感じの方が面白いしかえっていい番組になるんじゃないんかなーと思ったり。なんで高田純二にしたんだろう。

 

 

follow us in feedly