Netflixのオリジナルドラマ「アンブレイカブル・キミー・シュミット」見ました。台詞中心のコメディーで、テンポよくストーリーが進んでいって1話30分くらいで終わるのでけっこう気軽に見れるドラマです。アメリカの有名なバラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」にも脚本で関わっているティナ・フェイが今作の脚本を担当しているとのことでシーズン2の制作も決定しているらしく高評価らしいです。以下、あらすじなど若干ネタバレしつつの感想です。

 

あらすじ:
あるカルト教団によって世界は核戦争によって滅亡したと洗脳され、地下シェルターで15年もの間監禁されていた女性キミーという人物の波乱万丈なニューヨークでの新生活の話。奇跡の生還を果たした「モグラー・ウーマン」としてニュースで紹介され一気に時の人となったキミーだったが、15年もの間隔離された生活を送ってきたため目の前の変わり果てた光景や物事にいちいち興味深々で、太陽の光を浴びて外の空気が吸えることに人一倍幸せを感じている。

なんのアテもなく降り立ったニューヨークで一緒に共同生活することになるゲイのルームメイトや、どこの誰かという背景もわからないままなんの学歴もない彼女を家の子守役として雇ってくれる大金持ちで情緒不安定な女性との出会いなどを通し、前途多難なキミーのニューヨーク生活が始まっていく。

 

主人公のキミーもちろん破天荒で自由でいいんですが他の登場人物もそれに負けじと濃いキャラばっかで、特にルームメイトの普段は偽アイアンマンの着ぐるみを着ながらチラシ配りのバイトをしつつブロードウェイデビューを目指してるタイタスっていうキャラがよかったです。一人の女性が困難に立ち向かって奮闘していくっていう設定は割と使い古された感じでもあるんですが、退屈することなく見れてなんでか知らないけど見終わったあと明るい気持ちになれます。サクッと見れるので朝の電車通勤の時間のなんかテンションあげたいなっていう時とかに見るといいかも。

Netflix

 

こっちの海外ドラマもおすすめです。

海外ドラマ「デアデビル」の感想。
Netflixのオリジナルドラマ。ニューヨークを舞台にしたアクションサスペンス。主人公は盲目で、弁護士とダークヒーローの2つの顔をもつ。ストーリーにぐいぐい引き込まれます。

海外ドラマ「ナルコス」の感想。
こちらもNetflixのオリジナルドラマ。事実をベースにしたコロンビアのコカインの密輸で成り上がった麻薬王の話。

Utopia -ユートピア-
ミステリーサスペンス。デヴィッド・フィンチャーがえらく気にいったそうでアメリカ版の全話の監督を務めるそうです。超面白いですよ。

海外ドラマ「GOTHAM / ゴッサム」の感想。
バッドマンが登場する前の設定でゴッサムシティーという街に焦点を当てたお話でブルース少年がbatmanになって活躍する前のゴッサムシティーでのお話。

 

 

follow us in feedly