Netflixのオリジナルドラマ「HEMLOCK GROVE」見てみました。ジャンルはホラー・スリラーな感じでけっこうグロい。監督は「ホステル」「クラウン」「アフターショック」などのホラー映画で知られるイーライ・ロス。ちなみにシーズン2の製作も決定しているそうです。以下、あらすじなど若干ネタバレしつつの感想です。

 

あらすじ:
舞台はペンシルバニア州のヘムロック・グローヴという寂れた町。この町で夏休み明け早々に17歳の少女が無残なまでに引き裂かれて殺される奇妙な殺人事件が起こる。殺され方が尋常ではないためこの事件は人間の仕業ではないと鑑定され、転校してきたばかりで人差し指と中指の長さが同じことから狼男の噂が立てられた主人公のピーターが容疑者として疑われ始める。

事件が気になったピーターは夜中殺害現場に足を運ぶがそこで同級生のローマンと遭遇する。このローマンは自分の体をナイフで切り出血した状態でセックスすることを好んだり異常な性癖を持つ人物で殺害された少女と面識がありながらも追悼式に参加しない非常な人物。ここでの出会いをきっかけに2人は事件を解明しようと真相へとせまっていくが、同時にヘムロック・グローブの町に隠された恐怖世界が浮かび上がってくることになる。

 

17歳の少女が襲われて逃げまとうシーンの撮り方とか緊迫感あってけっこうどきどきしました。あとローマンの妹のリーサもなかなかグロい。。おそらくローマン一家が事件に絡んでると思われるんですが潜在意識が関わってきたりするようでなかなか裏側は複雑になっているようです。

 

Netflix

 

こっちの海外ドラマもおすすめです。

海外ドラマ「デアデビル」の感想。
Netflixのオリジナルドラマ。ニューヨークを舞台にしたアクションサスペンス。主人公は盲目で、弁護士とダークヒーローの2つの顔をもつ。ストーリーにぐいぐい引き込まれます。

海外ドラマ「ナルコス」の感想。
こちらもNetflixのオリジナルドラマ。事実をベースにしたコロンビアのコカインの密輸で成り上がった麻薬王の話。

Utopia -ユートピア-
ミステリーサスペンス。デヴィッド・フィンチャーがえらく気にいったそうでアメリカ版の全話の監督を務めるそうです。超面白いですよ。

海外ドラマ「GOTHAM / ゴッサム」の感想。
バッドマンが登場する前の設定でゴッサムシティーという街に焦点を当てたお話でブルース少年がbatmanになって活躍する前のゴッサムシティーでのお話。

 

 

follow us in feedly