スクリーンショット 2015-06-22 16.44.52

19日に日本テレビの金曜ロードショーで放送された、Hulu初のオリジナルドラマ日本版THE LAST COP/ラストコップのエピソード2がhuluで見られるようになってたので見てみたわけですが、原作のドイツ版をうま〜く日本風にローカライズしたドラマだなぁと。主人公のキャラの立ち具合が原作に比べてじゃっかん薄まってしまった感はあるんですが、さじ加減というかそういうのがうまく調整された内容になってるのかなぁと。あと唐沢寿明の相棒役の窪田くんはかなりハマっていて、窪田くん好きの女子には堪らないんじゃないでしょうか。

 

若干ネタばれですが、今回見た2話は、唐沢寿明演じる京極さんと佐々木希演じる結衣との距離が、近所で多発しているストーカー事件を通してぐっと近くなる回で、犯人が狙っていたのはじつは結衣ではなかったっていうオチが待ってます。そして元妻の、なぜ今このタイミングで戻ってきたのかという葛藤や、京極さんの相棒の望月さんの心境の変化なんかが、ゆっくりと起こってくる回です。まぁアレです、話の着地など正直ストーリーにはそこまで意外性はなかったですが、2話で少しだけ挟まれる佐野史郎と唐沢寿明とのちょっとしたシーンが今後どういう風に繋がっていくのかは楽しみです。

 

今回の日テレとHuluの試みもそうですが、フジテレビとアメリカのNetflix(ネットフリックス)の共同でのオリジナルコンテンツの制作などなど、ドラマや番組の配信環境の変化と合わせてコンテンツの内容も変わっていくのはけっこう楽しみで、ドラマなんかは視聴率に左右されずに1話〜最終話まで一気に制作できるようになっていくみたいですよ。

 

あと佐々木希、演技もっと頑張ってほしいなぁーと。。以前BSのNHKのドキュメンタリーで東南アジアの少数部族との共同生活に密着した番組の佐々木希がすご〜くいい感じの表情をしていてけっこう驚きだったので、この人化けたらもっとすごい人気でるんじゃないのかと勝手に思っております。

 

ラストコップはHuluで2週間無料で見られます。期間限定配信のものもあったりするので、気になる方はお早めに。

 

こっちの海外ドラマもおすすめです。

海外ドラマ「デアデビル」の感想。
ニューヨークを舞台にしたアクションサスペンス。主人公は盲目で、弁護士とダークヒーローの2つの顔をもつ。ストーリーにぐいぐい引き込まれます。

Utopia -ユートピア-
ミステリーサスペンス。デヴィッド・フィンチャーがえらく気にいったそうでアメリカ版の全話の監督を務めるそうです。超面白いですよ。

海外ドラマ「GOTHAM / ゴッサム」の感想。
バッドマンが登場する前の設定でゴッサムシティーという街に焦点を当てたお話でブルース少年がbatmanになって活躍する前のゴッサムシティーでのお話。

 

Huluを他サービスと比較して評価してみる。
Huluをつかってみようか迷っている人は読んで見てください。同じVODサービスのU-NEXTとの比較や、メリットとデメリットなどそれぞれまとめています。

 

 

follow us in feedly