Huluのオリジナルドラマの「フジコ」見ました。50万部のベストセラー小説「殺人鬼フジコの衝動」という原作をドラマ化したらしいんですがすごく面白かった。見たくないけど見ちゃう感じの、作品のジャンルとしてはミステリー・サスペンスな殺人鬼の女性の一生を描いたダーティーで重いドラマです。ちなみに原作にはなかったオリジナルキャラクターなども追加されているようで、主人公のフジコを演じる尾野真千子のほかに谷村美月、丸山智己、リリー・フランキーなどが出演しています。

 

この小説は、一人の、狂人じみた女の一生を描いたものである。女は「殺人鬼フジコ」と呼ばれた。少なくとも十五人を惨殺した、殺人鬼。

 

これは原作「殺人鬼フジコの衝動」の書き出しで、主人公のフジコは一家惨殺事件の生き残りで自分の母親に首を切られた過去をもつ女。自分の母親のようにはならないと思いながら幸せだけを追い求め続け破滅していき、結局は母親と同じような運命を辿ってしまうことになる。

 

「あたしは人生をリセットできる女」――、呟きながら殺害を繰り返していく。なぜ彼女は殺すのか?誰が彼女の家族を殺したのか?愛への渇望か、幸せへの執着か、真実が明かされるとき、最高の後味の悪さと驚愕のラストが、観る者を戦慄と慟哭へと突き落とす。

Hulu blog より

 

まだ1話だけしか見ていませんが、テーマというか主人公の存在自体が興味深いってのも勿論ありますが、フジコを最後まで自分のお母さんとして信じようとしていた娘、その家族を自分の正義を曲げずに取材し続ける編集者と、主人公フジコ以外のキャラクターもみな立っているのも面白いと感じる理由かなと。フジコの娘が可哀想すぎて1話を見ただけでも感情移入してしまったし、今後どういう展開になっていくのか楽しみ。

 

 

Huluで2週間無料で見られます。フジコが無料で見れるのはHuluだけですよ。

 

こっちのドラマもおすすめです。

海外ドラマ「デアデビル」の感想。
Netflixのオリジナルドラマ。ニューヨークを舞台にしたアクションサスペンス。主人公は盲目で、弁護士とダークヒーローの2つの顔をもつ。ストーリーにぐいぐい引き込まれます。

海外ドラマ「ナルコス」の感想。
こちらもNetflixのオリジナルドラマ。事実をベースにしたコロンビアのコカインの密輸で成り上がった麻薬王の話。

Utopia -ユートピア-
ミステリーサスペンス。デヴィッド・フィンチャーがえらく気にいったそうでアメリカ版の全話の監督を務めるそうです。超面白いですよ。

海外ドラマ「GOTHAM / ゴッサム」の感想。
バッドマンが登場する前の設定でゴッサムシティーという街に焦点を当てたお話でブルース少年がbatmanになって活躍する前のゴッサムシティーでのお話。

 

 

follow us in feedly