海外ドラマHEROESの続編「HEROES Reborn」の1話みたけど期待を裏切らず面白かったです。正直もうダレるかなって思ったんですけど全然そんなことなく、むしろ前のHEROESよりストーリーのテンポもよくて個人的には好きかもと思いました。全13話、アメリカでの放送後日本では毎週火曜に字幕版での配信という事でいまからめちゃくちゃ楽しみでございます。

 

ある日を境に突然特殊能力を授かったごく平凡な人々が、戸惑いながら同じように特殊能力を授かった人物と少しずつ交わりながら地球を救うために活躍したのがオリジナル版。今回の続編「HEROES Reborn」ではオリジナル版では明らかにならなかった謎も一緒に明らかになっていくとのことです。

HEROESと言えば「ヤッター!」という決め台詞で、ポンコツだけど憎めない、ヒーロー像に人一倍強いこだわりをもつキャラクターを演じた日本人のマシ・オカですが、今作のHEROES Rebornでも新たに祐真キキという日本人がキャスティングされています。ちなみに今回のドラマの中でも新旧それぞれの特殊能力を持った人物として交流があるそうです。祐真キキという役者さんですが過去には「THE YOUKAI KING」「Rome’s Angels」っていうそれぞれどちらもアメリカ作品に出演されてる方のようで、あっちではけっこう売れてる役者さんなのかもしれません。沢尻エリカに似てるなーって思うのは自分だけでしょうか。

空手や剣術に長けているらしく本格的なアクションもできるっぽい。

 

あらすじ:
テロリストによってテキサス州オデッサが壊滅した事件の後、超能力を持つ人々は責任から逃れるために身を隠して生活をしていた。しかし一方で超能力を持つ者の内のふたり、ルークとジョアンヌは、この惨事への復習計画を着実に進めようとしていた。同じようにMr.ベネットも身を隠して生活をしていたが新たなる陰謀を企む人物クエンティン・フレイディに居場所を突き止められ、オデッサ壊滅の悲劇の裏側にある真相を知らされることになる。

また同時に、前作と同じうように自分に突如与えられた特殊能力に戸惑う者たちが世界各国に現れ始める。急遽備わった特殊能力のおかげで好きな女の子に告白できなくなってしまう10代の少年トミー。近い将来に偉大なことを成し遂げると予言され戸惑う温室育ちのお嬢様であるマリナ。巨大な力を持ちながらも疾走中の父を探す、物静かな若い女性のミコ。この新たな超能力者とかてのヒーローズの運命が交錯しながら、再び物語が進んでいく。

 

こっから若干ネタばれですが、前作にひき続きやっぱこの作品はスケールがすごいです。世界各地で同時に物語が進行していくとかシーンひとつひとつの映像がすごいとかそういうのもあるんだけれど、現実とゲームの世界がリンクして1つの現実になってしまうとか、ドラマの設定に対するアイディアがかなり自由ですごいなと。あと今作でも日本がけっこう登場するんだけど、日本がかなり美化されまくっててこの作品の監督は日本の文化とかめちゃくちゃ好きなんだろうなとも思いました。祐真キキさんが演じるミコの家の和室の部屋とか雰囲気よくてうっとりします。

 

 

Huluで2週間無料で見られます。ヒーローズ・リボーンが見れるのはHuluだけです。期間限定での配信になる可能性もあるので気になる方はお早めに。

 

こっちの海外ドラマもおすすめです。

海外ドラマ「センス8」の感想。
Netflixのオリジナルドラマ。見ず知らずの8人が感覚を共有してそれぞれを救っていくっていう設定のドラマでHEROESに似てます。

海外ドラマ「デアデビル」の感想。
Netflixのオリジナルドラマ。ニューヨークを舞台にしたアクションサスペンス。主人公は盲目で、弁護士とダークヒーローの2つの顔をもつ。ストーリーにぐいぐい引き込まれます。

海外ドラマ「ナルコス」の感想。
こちらもNetflixのオリジナルドラマ。事実をベースにしたコロンビアのコカインの密輸で成り上がった麻薬王の話。

Utopia -ユートピア-
ミステリーサスペンス。デヴィッド・フィンチャーがえらく気にいったそうでアメリカ版の全話の監督を務めるそうです。超面白いですよ。

海外ドラマ「GOTHAM / ゴッサム」の感想。
バッドマンが登場する前の設定でゴッサムシティーという街に焦点を当てたお話でブルース少年がbatmanになって活躍する前のゴッサムシティーでのお話。

 

 

follow us in feedly