公開から1週間で総再生回数1500万回っていうすごいドラマがあるっていう事でこれ見てみました。劇団スカッシュっていう4名からなる劇団が制作しているドラマらしい。ジャンル的にはスリラーギャグコメディーって感じでししょうか。山で撮影かなんかしてたアイドルがゾンビみたいな動きをする隙間男に襲われTwitterでファンに向けて助けてほしいと投稿する。それを見たファンのオタク3人がTwitterにピンされた位置情報を頼りに助けに向かう。その道中で幾度となく襲ってくる隙間男をなんとかして回避してお気に入りのアイドルの元へ助けに向かっていくっていうお話。

 

なんといってもこのドラマの特徴はこれ。

狼男2_画像

ドラマの先の展開を自分で選んで物語を進めていく、Webならではなインタラクティブな構造になっているわけです。正解を選ばないとファンのオタク3人が隙間男に喰われてしまうっていう流れになってるんですね。「右にいくか左にいくか」とか「BB弾を使うか囮になるか」とかどっちか選んで話しを進めていくわけです。ナンセンスコメディーをゲーム感覚で進めていくっていうのはけっこう見てて(やってて)楽しめました。つうかこんなクオリティーのドラマが無料で見れるってすごい。

 

ちなみにこの海外のYouTubeで公開してゾンビドラマのヘルピザっていうのが元ネタらしい。確かに構造とか設定はほぼ一緒ですね。

 

劇団スカッシュとは

大塚竜也、前川健二、大塚祐也、中田大地の4名からなる劇団。「YouTube NextUp 2011」、「YouTube Video Awards Japan 2011」特撮・実写部門大賞を受賞。YouTube Space Tokyoオープニング企画として制作した動画作品群「Stalking Vampire~隙間男~」は、シリーズ累計再生700万回以上の大ヒットを記録。現在オフィシャルYouTubeチャンネルは現在22.3万人を超える登録者を集め、合計再生数9,300万回以上を獲得している。

こういう流れは今後どんどん大きくなっていくんでしょうね。すごい。

 

こちらが本編です。

 

 

follow us in feedly