ドラマ版見たんですけどまぁまぁ面白かったです。やっぱ映画と連動してるんでクオリティーは高くて単純に映像として世界観も楽しめた。内容は全3話の構成でハンジ、サシャ、フクシとリルのキャラクターとか過去のストーリが見られる感じ。特に1話のハンジ編は期待通り面白かった。ただそれもあってか正直他の2話はいまいちだなーっていうのも。ネタバレしますが第1話〜3話までの感想とか色々書きます。これから視聴予定の方はお気をつけください。

 

第1話: ハンジと立体機動装置

ハンジの過去の日常と立体機動措置の誕生秘話。まぁ日常っていってもハンジはド変態なんであれですけど。この第1話がやっぱり一番面白かった。30分ほとんどハンジのぶっ飛び具合が見れるのはよかった。ってか石原さとみすげーなと。予想外にもハンジはまってるっていうか全然役に負けてない感じというか。顔も可愛くて演技も上手くていう事なしじゃんっていう。気になったのは縛られてるロープを力で振りほどいた巨人がハンジと心をかよわせてるシーンで死ぬ時血の涙流してたところ。この編ドラマではさらっと流れたけど映画の後編につながってくるんだろうなと。あとドラマ版で見られる巨人の方が密室に閉じ込められてるっていう事もあってか迫力あって好きでした。それとハンジの研究部屋もよかった。再現セットとかできたら行ってみたい。

 

第2話: サシャの過去

サシャの過去〜兵士になるまでの話。映画前編では弓が使えてよく食う女の子って感じだったけどドラマ見るとこの人もけっこう変態だなと思った。というかちょっと怖いなと。とにかく食べることへ命をかけてて三大欲求の中で食欲がダントツ一番っていうようなキャラ。限りなく動物に近い人間の極致みたいな。話のストーリーとしては2話は中途半端で面倒見てくれてた家族に売り飛ばされたくだりとかも入るんだけどそういうの挟まずもっとサシャの変態超人的なバカな食欲旺盛凄腕弓使いっていうキャラクターにフォーカスしてもっと見せてほしかった。サシャのギャップの部分とか個人的には不自然な感じというか狙ってる感じが出てて好きじゃなかった。あと満月をバックに登場するシーンはとにかくダサかった。

 

第3話: リルとフクシの過去

リルとフクシの出会いからカップルになるまでの話。まずなんといっても第3話の中で一番ストーリーがヘンテコです。リルとフクシのアクション見せるためにこういうストーリになったんだろうかっていう茶番劇。ギャグのつもりなんだろうけど全然面白くなかった。武田梨奈は好きだけど。設定とか世界観崩壊してるとか考えずにただただアクションを楽しみましょう。ただ2話と同じシーンをつかってサシャのストーリと同時に並行して起こっていたお話ですよっていう見せ方は面白かった。見てて何回か2話と同じシーンが出てきて一瞬困惑したけど、あぁそういうことかと。あと映画版の前編でなんで????意味不明なんすけど???って思ったシーンにつながる描写なんかもあったりして答え合わせっぽくあぁこういう所とつながってるのねっていうのはあった。まぁリルとフクシは映画でもドラマでもただのバカップルでした。役者ちょっとかわいそう。

 

今回このドラマ版のためにdtv加入して一ヶ月無料の特典内で見たんですが無料でコレ見れるのはほんとラッキーだなと思います。docomoじゃないソフトバンクとかauの人も見れますよ。

dtv

映画版見てない人がドラマ版から見て映画みてみるのもいいかもしれません。ネタバレないしっていうかそっちの方が???な感じは減るかも。

 

映画版の後編どうなるのか楽しみっす。あとアニメ版の映画、Huluで見られるようになるみたい(2週間無料)。

「進撃の巨人」実写映画版前編の感想。

huluで進撃の巨人が見れるようになるらしい。 

 

dTVのオリジナルドラマ「みんな!エスパーだよ!」の感想。
同じdtvのオリジナルドラマ。これも面白かった。

 

 

follow us in feedly