9555571135_0a81b6539c_z
Original Update by kohlmann.sascha

マジかよw、と突っ込んでしまう記事がありました。

 

電車で席を譲りたいのに、寝たフリをしてしまう人の心理

 

優先席付近で寝たフリをしてしまう理由には大きく3つあるそうです。

“傍観者効果”という言葉をご存じだろうか? 「自分と同じような立場の人がいたら、援助行動が起こりにくくなる」という効果をさす。たとえば、お年寄りや妊婦がいたとしても、自分だけでなく他の人も席を譲れる場合は自ら席を譲らなくなる。

 

この“傍聴者効果”に加えて、周りの誰かが助けてくれるだろうと思ってしまう“責任の分散化”。
この2つはまだわかる気がする。自分もこういうのあるなぁと思う。

 

けど、これはダメでしょwコントですかw

そして、「助けようとしても、大勢の面前で断られるのは恥ずかしい」という“聴衆抑制”が起こる。さまざまな心理効果が重なり、寝たフリやスマホをいじることで自分と車内にいる人との間に距離をとる。

 

これ普通の席でだったらまだ笑えると思うんですよ。
優先席でこれをやるとダメなわけで。もはや、優先席の存在意義ないじゃないですかこれは。
お前のための優先席じゃないぞと。

 

多分こういう人は罪悪感もあるけど、突発的にこういう行動に出てしまうんでしょうね。
こういう人は優先席に座らない事が一番の解決策だと思います。

 

 

follow us in feedly