バカリズムのオールナイトニッポン聞いていたら、あぁ確かに〜っていう発見がありまして。何かというと、「お笑い芸人って、毎回新しい事やんないといけないからほんと大変。一回ウケた事でも、もう一回やるとウケない。音楽は、一回いい曲つくると、それが本当にいい曲であれば、名曲として語り次がれて、何回でも楽しんでもらえるからうらやましい」的な事を言っていたわけです。なるほどなぁ、確かにと思ったわけです。

加えて、お笑い芸人って、いくらたくさんファンついてたとしても、披露するネタが面白くなかったら笑ってもらえないわけで、毎回スベるかもしれないっていう恐怖がつきまとうんだよなぁと。対して、一般的なミュージシャンの場合は、ファンが聞いて音にのるっていう事ができるから、まったく盛り上がらないみたいなのって、ほぼないよなぁと。即興的な機転の良さとか、意外とスポーツ選手と近かったりするのかもなぁと思ったり。

ちなみに、バカリズムのオールナイトニッポン、超面白いのでオススメですよ。
月曜日の22時からやってます。特に僕らの脳内音楽っていうコーナーが面白いです。

 

 

follow us in feedly