cassette tape
Original Update by Ferran Moya

この間、タモリ倶楽部の青い熱情が高音質で蘇る!!自作カセットテープ発掘祭を見ましてですね、非常に面白く胸熱だったのですよ。そんであえてどうなんでしょう、こういうの、と思ったわけなんです。そこまで大きな需要はないと思うんですが、昔のカップリングのような特典的な楽しみ方できるんじゃないかなと思うんですよね。

なんでわざわざテープなのさ?CDのアルバム、MIXCDでいいじゃん別に。って事になるかと思うんですけど、なんといっても曲飛ばしできない不自由さこそ、テープのいい所なんじゃないかと思うわけです。YouTubeとかダウンロードして一曲単位で音楽を聴くのが主流の今、ある流れの中で一曲の音楽を聴くっていう体験ってほとんどないと思うんですよ。

アーティストも、やっぱりこういう流れで聴いて欲しいみたいな意図があって、アルバムの曲順決めてるんだし、その意図を想像してあぁでもないこうでもない、なるほど〜、と楽しむのも、やっぱ一つの面白さだったりするわけじゃないですか。前後の流れによって、やっぱ一曲の聴こえ方ってほんと変わるし、ランダムのシャッフル再生の選曲の意外性にグッとくる感じあるじゃないですか?あれって、やっぱり、前の流れがあるからこそだと思うんですよ。

 

あと、なんといっても、やっぱりテープとかラジカセってモノそのものがクールじゃないですか。やっぱり音楽をモノとして所有したい欲求って、音楽好きな人にとってはまだまだあるんじゃないかと思うんですよね。

 

 

follow us in feedly