「音楽完成 → それを受けてジャケットデザイン」っていう流れが一般的だと思うんですが、「ジャケットデザイン完成 → そのイメージをもとに音楽を作成」っていう真逆の作り方。アプローチの仕方はアウトプットに影響する。

表現するモノが具体的な形で規定される事で、アウトプットがより強いものになりそう。
こういう感じで「つくり方をつくる」みたいな、対象へのアプローチの仕方を変えるっていうのも、新しいモノを生み出すのに有効だよなと。

 
例えば、衣装のデザインから企画をスタートして、それを着こなせる人を集めてアイドル結成とか、新しいテイストのグループできそうじゃないですか?ブログだったら、記事のテーマを何にしようって考える所からスタートするんじゃなくて、ビビッときた画像を起点に思考するとか。自分がテーマを考えるんじゃなくて、読者の要望からネタ決めるとか。

 
自分の場合ちょー単純で形から入る事が多いので、こういうの有りだよね、と思うのです。

 

 

follow us in feedly