悩みを自動で解決する薬
Original Update by Stuart Webster

今日ですね、朝起きて目が覚めると、寝る前にどうしようかと悩んでた事がさっぱり解決されていたんですよ。起きた瞬間に答えを得ていたんです。寝ている間でも人の脳みそは活動しているっていうのは本当ですね。すごいすごい。

で、ふと、もしこういうのを、意図的に発生させられる薬があったらどうなんだろうと。悩みがある時はこれを飲もう!そうしたら次の朝にはぜったい解決してるっていう薬。

最初の内は、これはいい!超スッキリ!なんて便利なんだ!と気持ちよく使えると思うんですね。仕事の新しいアイディア思いつかないどうしよう。そうだ、薬を飲もう。寝て起きた瞬間、最高にgoodなアイディア思い付いてる、助かったー!とか、彼女をめちゃくちゃ怒らせてしまったどうしょう。機嫌をなおしてもらうためのいいわけどうしよう。そうだ、あれを飲もう!みたいな。

でも、この薬がめちゃくちゃ依存症が強い薬だったらどうなるんだろうと。使っていく内に、毎日使わないと気が済まなくなったらやばい事になるなと。そうやってなんでもかんでも薬で問題を解決していく内に、どんどん無機質な心になっていって、そんな自分が怖くなっていって、自分のその状況がストレスになって。

 

と、こんなありもしないしょうもない事を考えている中で、人間というのはみな根本的にマゾな存在なのかもしれないなと。もちろん問題の度合いにもよりますが、プロセスなしに喜びなんてものは感じられないよなと。

プロセスと結果の共存を、どうかどうかと願う今日この頃です。

 

 

follow us in feedly