1日の始まり
Original Update by didy b

最近温泉に行くのが密かな楽しみなのである。
まぁ温泉と言っても、近所のスーパー銭湯のような所なんだけど。

生まれてこのかたずっとシャワー派だったし、熱いから長い間つかってられないので風呂嫌いだったんだけど、精神やられて病院に通っている時に、医者に長い時間お風呂につかってみなさいと進められたのがきっかけで、それから好んで定期的に行くようになった。

サウナに入って、自分の体内の老廃物が汗という目に見える形で外に排出されるのを見るのは気持ちがいいし、風呂あがりからの聖水プハァー!は最高だし、風呂に入って温まるとその日の寝付きがとてもよくなってぐっすり眠る事ができるし。お風呂は知らぬ内に、僕の日常のちょっとしたご褒美になっていたわけである。

 

しかしである。
そんなご褒美のちょっとした贅沢を味わったにもかかわらず、今日の朝、僕は寝坊してしまったのである。

 

早起き8時に起きるぜ!と明日に誓った夜なのに、弱気な性と裏腹なままに11時に起きてしまったのである。老廃物もたくさん出して温まった体でぐっすり眠ったのに、余裕で3時間もオーバーしてしまったのである。というか8時に一回目を覚ましてはいたから、もはや寝坊というより開きなおりである。

 

そういや昔、9時出勤のバイトで寝坊して気が付いたら12時で、開き直って飯食ってから出勤した事あるなぁ。まぁそれに比べればまだいいか、と過去のもっとヒドイ出来事と比較する事で自分を納得させようとしたけど、そんなんしてるから成長しないんだよと、タバコの煙のようにヘロヘロした感じのやり取りを繰り返して、少しずつ今日が始まっていくのである。

 

あぁ〜あ。

 

 

follow us in feedly