sense
Original Update by Financial Times

センスないよ、っていう言葉ってほんとグサッときますよね。自分っていう人間そのものが否定された感じになって、もはや努力さえもする価値ないよ、あきらめなよって言われてる感じというか。

じゃあ、その言うセンスっていったい何でしょうか。日本語に訳した時にぱっと浮かぶのは、「感覚」ですよね。じゃあこの感覚って何ぞやと。

何も考えずに感覚で判断してしまったとかよく使いますね。直感でそう思った、とか。そういう感覚とか直感って突拍子もない所からくるみたいな感じがしますが、それまでの経験以外の何ものでもないわけで、たくさんの経験をしていればいるほど、その人の感覚は正しいものになるわけです。

 

つまり、感覚は経験っていう努力によって磨く事ができるという事になります。センス=経験。経験=知の集積なわけですよ、奥さん!

センスないねって言われて凹む事ぐらいの訳なので、きっとその自分が言われた事が好きだったり、何とかしたいと思っていたりすると思うんですが、裏を返せば好きなら努力も苦にならないわけだし、まだまだ伸びしろあるなって捉えればいいんだと思います。ましてや始めてまだ日の浅かったりする事に対して言われた場合は、そもそも言われる事自体ナンセンスだったりするわけです。好きっていう感情は、何事にも代え難いくらいの才能なんだと思います。好きじゃなきゃ、努力した所で身になりにくいしね。。

センスないね=経験が足りないね、という事で、前向きにいきましょう!

 

 

follow us in feedly