いやー、アナと雪の女王の盛り上がり、すごいですね〜。
『アナと雪の女王』はなぜ面白いのか

公開開始から1ヶ月と少しで興行収入、11.4億ドルを超え、ディズニー長編アニメとして今までのトップ『ライオンキング』の9.8億ドルを20年ぶりに更新したそうです。

いやしかしですよ。「ありの〜 まぁまぁのぉ〜♪」ですよ。「ありのまま」って何なんだろうと。ありのままの自分を見せてって言われてもなぁと思うのです。ありのままの自分なんてわかんねぇよと。無責任。アナと雪の女王、めちゃくちゃ無責任。もうちょっとヒントくれよと。

そして「ありのままの」っていう歌詞の歌が流行るっていうのは、それだけみな何かしらの窮屈さを感じてる度合いが強いともとれるわけです。今の私はホントの私じゃない!、私の本音を聞いて欲しいの!って、社会がそれだけ病んでるって事の裏返しでもあるわけです。

あと、「ありのまま」を訴求するなら、あの歌い方はどうなんでしょう。もうちょっと力抜いて歌った方がいいんじゃないかと思ったりするわけです。「ありのまま」ってあんな力んでる状態なのかと思ったりするわけです。

 

 

follow us in feedly